『財布を持たない』テストステロン増加44日目

一時期、お金に困り両親に生活費を
工面してもらったことがありました。
 
大きな借金をしてどうとかではなく、
単純に無職だったからです。
貯めたお金を切り崩して生活し、
底をつき始めてから、慌てて職を探す。
自分の20代はこの繰り返しでした。
 
30歳手前で
「今回もなんとかなる。」
と言いながら何とかならず、初めて両親にお金を借りました。
本当に情けない過去です。
 
その時、食費は1ヶ月1万円。
単純に1週間2500円。
最低限、1日3食バランスを考えて食べられるよう
献立表なんかも作って買い物をしていたことを思い出します。
 
お菓子や飲料などの嗜好品は1週間に1回、
100円未満のものが買えるくらいでした。
 
仕事に就き、行動範囲や1日の消費エネルギーが増えてくると
やはり誘惑も多くなってきます。
仕事の合間に缶コーヒーでも
なんてことすらできなかったわけです。
たまたま通りかかったドラッグストアの
店頭で売られている100円未満のお菓子なども
買おうか買わまいか迷ったりもしました。
 
そんな時にふと思いついたのが、
 
「使えないお金を持ち歩く意味があるのか。」
「お金が手元にあるから使ってしまう、
または使うことができてしまうのではないか。」
 
であれば財布を家に置いて出勤してみようと考えたのです。
普通そんなことをすれば、周りからは
 
「何かあったらどうするの?」なんて突っ込まれたでしょう。
 
しかし、当時の自分は
何かあってもどうすることもできなかったのです。
 
であれば、何も恐れる必要はありません。
 
免許証だけを当時持っていたメモ帳のカードホルダーに入れて、
財布は家に置いていく生活が始まりました。
 
自動販売機の前に立とうが、
ドラッグストアに入ろうが、
何も買うことはできない。
 
当時、考えついた浪費を防ぐ術です。
 
あれから4年、生活に余裕が出てきた今も
財布を持たずに出勤することがほとんどです。
 
何かあったことはありません(笑)
(心配事の9割か8割はなんちゃら)
 
もちろんその日、飲みに行こうなどの誘いは
断ることになります。
 
お金、時間の使い方を変えれば、付き合う人も変わってくる。
または変わってしまう。
 
なにか参考になる状態の方がいれば幸いです。
 
 
オナ禁:44日目(夢精から28日目)
エロ禁:10日目
 
23:11 就寝
07:30 ラジオ起床
07:50 玉ねぎサラダ
09:00 卵ロールパン、おにぎり
12:00 プロテインバー
14:00 ゆで卵2
16:00 おにぎり
18:00 おにぎり
19:30 ドーナツパン
20:00 鶏胸肉(ニンニク、玉ねぎ、人参)
          納豆、サラダ、わかめ味噌汁
21:00 筋トレ 8種目 2セット
21:30 バナナ、プロテイン
 
【メモ】
プロテイン毎日 スプーン山盛り
朝と夜に分割