『砂糖を果物に』テストステロン33日目

1ヶ月分のライフログを見返してみると
19時以降、菓子類の浪費が目立った。
(気がつかなかったわけはないけど)
 
繁忙月で仕事が大変なのもあるが、
さすがに毎日のようにつまむのはどうかと。
 
エネルギーが不足しているのか。
それとも別に要因があるのか。
 

 

過去の何度か砂糖禁を行なったことがある。
ネットや書籍で砂糖の害について知ったのがきっかけ。
それ以来、砂糖が入っているものを
できるだけ避けるようにはしたが、
 
気づくと…
 
とにかく遅い時間に胃に物を入れれば、
早起きはできない。
それが甘いお菓子のようなものであれば、なおさら体に悪い。
 
そこで考えたのが、果物を食べる。
自然のものなら体にいいし、消化も早い。
 
夜に果物はどうとかあるが、この際はどうでもいい。
 
普段の食事がタンパク質ばかりに目がいっているから、
果物はバランスをとるのにちょうどいいかもしれない。
 
 




睡眠自然
起床
トレーニング
主な食材

出来事
33 7:30 筋トレ3セット
レッグレイズ
・プッシュ&ターン
・ニーホールドクランチ
・ささみ
・豆腐
・赤貝缶詰
・ゆで卵
・朝に豆腐を追加
32 7:40 筋トレ3セット
ハンスアップスクワット
チェアスクワット
アブアイソメトリック
サイドブリッジ
鶏もも
サバ缶
トマト
・砂糖を果物に置き換えてみる。
31 7:19 ジョギング ・鶏レバー
・タコ
・ナッツ類
・夢精から15日目
・強いムラムラでフル勃起