無気力状態の原因はテストステロン不足

今のライフログは、
テストステロンを増やすことを目的に記録している。
不足していることがあれば、
同志に突っ込んでもらうためだ。
結局、このホルモンがなければ、
男として何も成すことはできない。
 
【なぜテストステロンが下がってしまったのか】
まずは原因。
自分は禁欲と筋トレの習慣を身につけたが、
食を疎かにしてしまった。
その要因に
 
20時以降はできるだけ消化に負担のかかるものを食べたくない。
 (早寝早起きをしたい、が仕事は19時終わり)
・節約志向(肉、魚は高い、コンビニで買い物はしないetc)
・仕事中、まとまった休憩時間がとれないため簡単なもので終わる。
・仕事の関係で、夜、パンだけで終わることが週に1日以上ある。
一時期はまった健康本(主に食)
 1日1食または2食がいい。
 砂糖はだめ。
 肉は食べるな。
 断食はいい。
 タンパク質と炭水化物は一緒に摂るな。
 etc...
・体が細い=スタイルがいいと言われ調子に乗っていた(笑)
 
などその結果、出来上がったのが今のもやし男だ。
この状態で禁欲しても筋トレしても成果などでるはずがない。
 
【テストステロンが原因だと気づく前の食事】
朝・・・ごはん、納豆、ねぎわかめみそ汁
昼・・・ゆで卵、おにぎり、チーズ
夜・・・野菜、きのこ、豆腐と肉か魚を煮たものをポン酢で食べる。
   (いつも同じようなメニュー、しかも仕事で食べられない日が
    週1日以上はあった。)
 
低カロリー、低たんぱくすぎる。
 
これ以外にひどかったのが、
コンビニで100円で買える4つ入りのマーガリンパン。
毎日のように買って食べてた。
多いときは朝と夜。
エネルギー不足で体が欲していたんだと思う。